テクニカル指標だけに囚われない

Posted by tite on 水曜日 5月 28, 2014 Under 未分類

FXを始めて少し慣れてきたという方が陥りがちなスランプにテクニカル指標に頼りすぎたトレードというものがあります。
確かに移動平均線や一目均衡表、MACD、ボリンジャーバンドといった様々なテクニカル指標はトレーダーにとって数少ない羅針盤のようなものであり、欠かすことのできない存在です。
ですが、テクニカル指標よりも相場を大きく動かす可能性のあるものにファンダメンタルズがあります。ファンダメンタルズとは、各国の経済状況や物価、金利状況など経済をマクロの視点から見た指標です。
代表的な具体例を挙げれば、各国が発表する政策金利や雇用統計などは相場に極めて大きなインパクトを与えるため、サプライズの結果となればテクニカル指標を一切無視した動きが起こることも少なくありません。
こうした状況下においてもテクニカル指標に頼ることから離れられない投資家は、必ずと言っていいほど大きな損失を出してしまいますので、ぜひ投資家として一歩成長するためにもテクニカル指標だけに頼らないマクロなトレードを心掛けてみてください。

Tags : | add comments